ニヤケ編み
編み物は、1本の糸をちまちまとかぎ針や棒針で引っ掛け(?)ながら、カタチを作る地道な作業。根気がいる作業でもあります。だから、少しずつ編み上がったものが、自分の目で確認できる。なんと楽しいことでしょう。

a0157701_0391318.jpgそして、思っていた以上に可愛く編み上がってくると、嬉しくなり顔がほころんでしまいます。
そういったことを勝手に「ニヤケ編み」とネーミングしました。

写真は、kurumiさんに初めてちびミトンを見てもらい、撮ってもらったものです。可愛いでしょう。(自画自賛)
ちびミトンを編んでいるときも、「ニヤケ編み」ばっかりしていました。
by shizukudo | 2010-01-20 00:39 | しずく堂活動 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://shizukudo.exblog.jp/tb/9707501
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< カフェで編み物 メールできるようにしました >>


しずく堂の活動日誌、ときどき日常
by shizukudo