2冊目の著者本「しずく堂の編みもの時間 」のこと
Instagramでは紹介しているのですが、2冊目の著者本のことをブログに書いていませんでしたので、半年遅れで恐縮ですがブログで紹介したいと思います。


本のタイトルは「気分は北欧 しずく堂の編みもの時間 」です。
発売日は2017年9月15日でした。
a0157701_952443.jpg
気分は北欧 しずく堂の編みもの時間(Amazon)
※作品ページのプレビューもごらんいただけます。


1冊目「北欧が好き しずく堂の手編みこもの」のときは、大好きなフィンランドを中心に、現代の北欧デザインを取り入れた作品を集めましたが、2冊目の今回は、フィンランドに加えて、スウェーデンの伝統的なパターンにも着目したアイテムも作りました。


嬉しい感想もいただいております。
「どれも可愛くて編みたいものだらけ」
「素敵な本に出会えて良かった」
「さざ波模様のソックス、とっても編みやすくて、みんなが編んでるの納得でした」などなど。


本当にありがとうございます。
a0157701_9412967.jpg



今回の本のタイトルは私が提案したのが採用されました。
『編みもの時間』と思い浮かんだのは、食事と寝る時間以外はほぼ編んでいた生活を振り返ってのことです。

前書きの文章を、ちょっとだけ転記します。
『編みもののことを考えたり、手を動かしたりしている時間は、仕事になっても私にとって至福のときです。この本の作品を編む方の時間も、至福のときになりますように願っています。』


===


発売されてからの3ヶ月間、東京・大阪・神戸・金沢・富山など各地で編み物ワークショップを開催しましした。

<さざ波模様のソックス>
a0157701_933393.jpg


<フルーツ柄のミトン>
a0157701_933818.jpg


<ギャザートップのベレー帽>
a0157701_9331156.jpg


<チューリップ模様のキャップ&スヌード>
a0157701_942856.jpg



ご参加くださった皆様ありがとうございました。ご愛用されていますか?


===


そして撮影当時の裏バナシをご紹介します。
前作と同様にいくつかの作品は富山でロケをしています。今回の撮影目玉はなんと言っても雪だるま。
a0157701_9102418.png



実は雪だるまは雪質が良くても悪くても作るのが難しいので、きっと大変だろうなぁーと、思いつつロケに入ったのですが、スタイリストさんが持ってきた100均のボウルであっというまにできました。
a0157701_9105985.png
a0157701_911174.png
a0157701_911364.png






また、新雪の上にふわっと作品を置いて撮影する為に、スタイリストさんが秘密兵器を用意されました。ごみ拾いなどにも使われるトングです。
これで足跡を残さずにショールのスタイリングを決めていただけました。
これも100均で調達で、富山駅にみなさんをお迎えに行った時の荷物に、ボウルやトングがあって不思議だったのですが、まさかの大活躍。さすがプロです( •̀.̫•́ )✧
a0157701_9133617.png




ちなみに、今回の富山ロケも粟巣野のKAKI工房さんです。前回より雪がたくさんあって、歩くのは大変だったけど、絵になるポイントが色々ありました。
a0157701_9141865.jpg

a0157701_9142159.jpg
こんな風に撮ると立山杉も北欧の白樺のように見えてくるかも??何はともあれ、KAKIさんの建物がどれもステキだったからですねー。



ということで、このように本を1冊作っていただくには大勢の方のスキルが集合して完成するということを今回も感じました。
この本に関わった全ての方にお礼を申し上げます。



もう春になって、ウールの糸とは遠ざかるかもしれませんが、コットンやリネンの糸で編み変えたりするのもオススメです。ぜひみなさんの編みもの時間を楽しんでくださいね。
by shizukudo | 2018-03-13 09:02 | 掲載誌のお知らせ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://shizukudo.exblog.jp/tb/238387146
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 北欧柄ニットこたつ布団「e-i... Bluetoothヘッドフォン >>


しずく堂の活動日誌、ときどき日常
by shizukudo